回顧用青北

青北の魔道杯回顧用ブログです。

How to ホイップ -生クリームとホイップクリームの違い-

生クリームとホイップクリームを
混同している人を
ちょこちょこ見かけるので、
改めて違いを調べてみました。

 今回は、
原料・成分・値段・賞味期限・味・ホイップ
の6つの観点から
両者を比較していきます。

【原料】
・生クリーム
乳脂肪のみを使用している。
・ホイップクリーム
植物性脂肪などを主な原料としている。

簡単に見分ける方法としては原材料表示に
「クリーム」と表記されているものが生クリーム、
「乳等を主要原料とする食品」と
表記されているものがホイップクリームです。

※「乳等を主要原料とする食品」でも
 主に乳脂肪を使用しているものも
 ありますが、今回は割愛します。

【成分】
・生クリーム
ビタミンAが多く含まれている。
・ホイップクリーム
コレステロールが低い。

意外なことにそれ以外の差異は、
ほとんどありません。
カロリーや脂質(動物性か植物性の違いはあると思いますが)
などはあまり変わらないです。

【値段】
近所のスーパーを4件ほど調べてきました。
・生クリーム
乳脂肪分35%:およそ300円
乳脂肪分47%:およそ380円
・ホイップクリーム
およそ150円

ホイップクリームの方がかなり安いです。

【賞味期限】
・生クリーム
開封前:10日ほど
ホイップ後:4日ほど
・ホイップクリーム
開封前:1ヶ月半ほど
ホイップ後:1週間ほど

ホイップクリームの方が日持ちします。
もっとも魔道杯で摂取する分には
どちらでも問題ないですが。

【味】
・生クリーム
乳脂肪の濃厚な味わいと口溶けのよさが特徴です。
・ホイップクリーム
さっぱりとした風味が特徴です。

ここからは私見ですが、
ホイップクリームは、生クリームに比べて
かなり口の中で残る感じがするので
生クリームの方が好きですね。

【ホイップ】
・生クリーム
乳脂肪分が高いほど泡立てやすい。
泡立ててからの調整は難しく、
泡立てすぎるとボソボソになってしまう。
ホイップした状態を維持しにくい。
・ホイップクリーム
泡立てるまでが難しい。
泡立ててからの調整は効く。
ホイップした状態を維持しやすい。

泡立てるまでが簡単で泡立てた後が難しい生クリーム、
泡立てるまでが難しく泡立てた後は簡単なホイップクリーム。
一長一短といった感じですね。

【まとめ】
生クリームとホイップクリーム
どちらにも、長所と短所があるので
用途や好みによって、使い分けましょう。

自分としては、
多少値が張っても風味のよい
生クリームの方が好きですが、
ホイップクリームについて改めて調べてみて、
ホイップクリームも結構アリだな、
と思いました。
生クリームは少し部屋に置いておくと、
崩れてしまうことがあるので…。
次の魔道杯では、
コンパウンドクリーム
(乳脂肪と植物性脂肪を混合したもの)
を試してみようと思います。